すまほんぷち

すまほん!!の中の人達が綴る雑記ブログ

ソーシャルゲームに支払うお金は、どれぐらいの金額が適切なのか

 ご無沙汰してます。副管理人の高橋です。「すまほん!!に書けないネタを書いていこう」とブログを立てたものの、私事に揉まれてすっかり更新できずにいました。きもばにバトンを渡す意味でも、お風呂に入っていたときに思いついたネタで更新します。

 

f:id:nozomu365:20170615235506p:plain

 さてさて、ソーシャルゲームに月々いくらぐらいお金を払っていますか? Twitterを見ていると、多くの人がそこそこの額を月々支払っているようで、個人的には「すごいなー」という目線で見ています。かく言う私はソーシャルゲームにお金を払う(いわゆる課金*1)することはほとんどありません。そもそも、ほとんどソーシャルゲームをプレイしません。

 グラブル、FGO、最近ではシノアリスあたりが注目を集めています。どれも私のスマホやタブレットにはインストールされていません。インストールされているのは、黒猫のウィズやデレステぐらいです。

 それで、タイトルにもあるように「どれぐらいの金額が適切なのか」という問いの答えは簡単で、その人の収入や自由に使えるお金の額によって変わります。月に自由に使えるお金が3万円しかないのに、3万円をソーシャルゲームに支払っていては生活が成立しませんね。逆に言えば月に自由に使えるお金が100万円ぐらいある人にとっては3万円ぐらい、痛くもない額でしょう。

 個人的には「3万円はもったいないかな」と思うのですが、先日リリースされたアプリ「シノアリス」に設けられている「課金しすぎアラート」と呼ばれる月々の支払いに応じて「お金を使いすぎていませんか?」と確認画面が表示される機能の上限額は10万円だそうです。月に10万円以上のお金を支払おうとすると「使いすぎていませんか?」と確認画面が表示されるそうです。

射幸心の話

f:id:nozomu365:20170615235147p:plain

 ソーシャルゲームの問題点としてあげられているのが「射幸心を煽っているのではないか」というものです。射幸心とは「人間の幸せになりたい気持ち」を指します。

 これをソーシャルに当てはめると「レアカードを引きたい」とか「他の人より強いデッキを組んで勝ちたい」という気持ちを指します。これを煽ることでガチャガチャ(いわゆるガチャ)を過剰に引かせているのではないかと言われています。

 ガチャガチャと聞いて分かるように、目当てのカードが手に入るかわからないので、目当てのカードが出るまで何度もお金を支払い、ガチャを回す必要があります。

 ここまで書いていると、凄くソーシャルゲームに否定的な人間に見えてしまうかもしれませんが、ガチャを回したくなる気持ちは良く分かります。自分も可愛いイラストとか好きなので、いわゆる美少女ゲームはよくやっていますし、アニメもよく見ています。タペストリーとか抱き枕とか集めてますから、自分の好きなキャラクターを、自分のものにしたい(ゲームで言えば、そのカードを手に入れたい)という気持ちは凄く分かります。

 少し話しを横にずらすと、ガチャの機能は日本のソーシャルゲームに限った話ではなく、有名なところで行くと海外の人気FPSゲーム Call of Duty シリーズにも導入されており、ガチャでしか手に入らない、特殊な柄の迷彩(銃の見た目)や装備可能な武器があったりします。個人的な感想を言えば、ソーシャルゲームのような基本無料のゲームでは無く、フルプライスで購入したゲームにおいて「特定の武器を使えるようにするにはガチャが必要」というのは、強い違和感を覚えます。(しかも、その武器が強いので余計に違和感を覚えます)

10万円の価値は 

f:id:nozomu365:20170615235249p:plain

 我々の身近にあって、射幸心を煽っているものと言えば、宝くじや競馬・競輪といった公営ギャンブルの他に、遊技とされているパチンコ・パチスロがあります。

 実は、私は少しだけその遊技をすることがあります。やっぱり当たると嬉しいですよね。景品がもらえますからね。景品を買い取ってくれる不思議なお店がパチンコ屋さんの近くに併設されているのですが、なんと、驚くことに遊技に使ったお金よりも不思議なお店が買い取ってくれたお金の方が高くなり、最終的な差額(景品の買い取り価格 - 遊技に使ったお金)がプラスになることがあります。*2

 そんな不思議なパチンコなんですけど、お店の中にATMがあるってご存じでしたか?行ったことが無い方は知る由も無いと思うのですが、お店の中にATMが設置されているんです。このATMの存在もかなり物議を醸しているのですが、それは本題では無いので横に置いておきます。

 そのATMには、実は利用制限があるってご存じでしたか? 健全な遊技から逸脱しないように、1日あたり引き出せる上限額は3万円。1ヶ月あたりに引き出せる上限額は8万円なんです。8万円なんですよ・・・・・・。 それ以上引きだそうとすると、利用制限がかかって、お金を引き出すことができません。*3 もちろん、コンビニのATMとかでお金は下ろせますけどね・・・・・・。

 個人的に驚くのは、その8万円を超える10万円という額が、一定の上限として設けられており、かつほとんどのサービスでは上限金額が設けられていないということなのです。

のめり込みに注意

 誤解していただきたくないのは、ソーシャルゲームとパチンコを同列に並べているわけではないということです。ただ、ソーシャルゲームには、それだけの魅力があって、パチンコと同じように身を崩す人がいるんじゃないのかという懸念が私の中で鎌首をもたげているのです。

 ソーシャルゲームを作成している会社が所属している業界団体によっては、ガチャの上限金額に自主規制を設けている所もありますが、この自主規制もかなりザルなのものなので、あまり意味をなしていませんし、その団体に所属していない会社もソーシャルゲームをリリースできます。個人的には、業界団体で1日の利用可能額の上限を設けた方が良いんじゃ無いかと思うのですが、何らかの大きな事件が起きない限り、会社が自らの首を締めるような自主規制を設けることはないだろうと思っています。

 ですから、のめり込み(依存)をしないように、自分自身を律して、ほんの少し冷静になる必要があるのではないかなと思いました。

*1:正しい日本語を使うと納金

*2:酷い茶番だなと書いていて自分でも思いました

*3:この記事を書くために調べるまで10万円下ろせると思ってました。だからここまで記事を書いたのに・・・・・・